24時間法律相談受付
アクセス
大きい地図を見る

暴力犯罪

<暴行>

事件の特徴

誰かに対して暴力をふるってしまったものの、相手方が怪我をしなかった場合には、暴行罪に該当し、2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金又は拘留(1日以上30日未満の拘置。)もしくは科料(1000円以上1万円未満の徴収。)に処するとされています(刑法208条)。

どのような手続きの流れが予想されるか

いきなり刑事裁判が始まるということはなく、まずは警察による捜査が行われますが、捜査方法として大きく分けて、在宅のままの捜査と、被疑者の身体を拘束した状態での捜査に分かれます。
在宅での捜査は、最初から任意同行の形で取り調べを行う場合もありますし、最初は現行犯逮捕されたものの、釈放され、その後在宅での捜査が行われるということもあります。
身体を拘束される場合の流れとしては、まず、警察による逮捕がなされます。
警察による逮捕がなされた後、48時間以内に検察官に送致されます。
検察官に送致がなされた後、引き続き被疑者の身体を拘束する場合は、24時間以内に検察官は裁判官に対して勾留請求を行います。
勾留期間は最大で20日間となります。
在宅の場合も身体が拘束される場合も、最終的な処分は、不起訴、略式起訴(罰金)、公判請求(裁判)のいずれかとなります。
公判請求となった場合は、公判手続きが引き続き始まり、実刑か執行猶予かなどについて決まることになります。
暴行事件では、初犯の場合、勾留請求までなされることは多くないですが、無罪を主張する場合は、勾留がなされ、身体を拘束されたまま取り調べが続く可能性が高くなります。

必要となる対応

初犯の場合、公判請求まではなされず、略式起訴によって罰金刑となる可能性が高いです。
不起訴(起訴猶予)の処分となるためには、何よりも示談の成立と、被害者による宥恕(ゆうじょ。許すこと。)を得ることが重要となります。
示談成立については、身柄解放にも影響しうるため、この意味でも重要となります。
いずれの活動も早くから準備を進める必要がありますので、逮捕直後から弁護人を選任し、手続きを進めていく必要があります。

<傷害>

事件の特徴

誰かに対して暴力をふるってしまい、相手が怪我をした場合、傷害罪となります。
傷害罪については、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられるものと定められています(刑法204条)。
相手の怪我に応じた治療費や慰謝料を示談金として支払う必要があります。

どのような手続きの流れが予想されるか

いきなり刑事裁判が始まるということはなく、まずは警察による捜査が行われますが、捜査方法として大きく分けて、在宅のままの捜査と、被疑者の身体を拘束した状態での捜査に分かれます。
在宅での捜査は、最初から任意同行の形で取り調べを行う場合もありますし、最初は現行犯逮捕されたものの、釈放され、その後在宅での捜査が行われるということもあります。
身体を拘束される場合の流れとしては、まず、警察による逮捕がなされます。
警察による逮捕がなされた後、48時間以内に検察官に送致されます。
検察官に送致がなされた後、引き続き被疑者の身体を拘束する場合は、24時間以内に検察官は裁判官に対して勾留請求を行います。
勾留期間は最大で20日間となります。
在宅の場合も身体が拘束される場合も、最終的な処分は、不起訴、略式起訴(罰金)、公判請求(裁判)のいずれかとなります。
公判請求となった場合は、公判手続きが引き続き始まり、実刑か執行猶予かなどについて決まることになります。
傷害事件では、怪我の程度等にもよりますが、身体が拘束される可能性は高く、身柄解放に向けた弁護人の活動が重要となります。

必要となる対応

初犯の場合、怪我の程度等にもよりますが、公判請求まではなされず、略式起訴によって罰金刑となる可能性が高いです。
不起訴(起訴猶予)の処分となるためには、何よりも示談の成立と、被害者による宥恕(ゆうじょ。許すこと。)を得ることが重要となります。
示談成立については、身柄解放にも影響しうるため、この意味でも重要となります。
いずれの活動も早くから準備を進める必要がありますので、逮捕直後から弁護人を選任し、手続きを進めていく必要があります。

<器物損壊>

事件の特徴

他人の物を壊す行為を行った場合、器物損壊罪に当たり、3年以下の懲役又は30万円以下の罰金若しくは科料(1000円以上1万円未満の徴収。)に処するとされています(刑法261条)。
単に物を壊した場合だけではなく、広くその物の本来の効用を失わせる行為も器物損壊に当たると解されています。
したがって、例えば、他人の家の窓ガラスに落書きをしたり、大量のビラを貼り付けたりすることも、窓ガラスの効用を失わせる行為であるため、器物損壊罪に当たることとなります。

どのような手続きの流れが予想されるか

いきなり刑事裁判が始まるということはなく、まずは警察による捜査が行われますが、捜査方法として大きく分けて、在宅のままの捜査と、被疑者の身体を拘束した状態での捜査に分かれます。
在宅での捜査は、最初から任意同行の形で取り調べを行う場合もありますし、最初は現行犯逮捕されたものの、釈放され、その後在宅での捜査が行われるということもあります。
身体を拘束される場合の流れとしては、まず、警察による逮捕がなされます。
警察による逮捕がなされた後、48時間以内に検察官に送致されます。
検察官に送致がなされた後、引き続き被疑者の身体を拘束する場合は、24時間以内に検察官は裁判官に対して勾留請求を行います。
勾留期間は最大で20日間となります。
在宅の場合も身体が拘束される場合も、最終的な処分は、不起訴、略式起訴(罰金)、公判請求(裁判)のいずれかとなります。
公判請求となった場合は、公判手続きが引き続き始まり、実刑か執行猶予かなどについて決まることになります。
器物損壊事件では、公判請求がなされた上で、罰金刑となることもあります。

必要となる対応

器物損壊罪は、被害者からの告訴が無ければ公訴を提起(略式起訴や公判請求)できない親告罪ですので、被害者と示談し、告訴の取消しを行ってもらうことができれば、不起訴となります。
告訴の取消しは、公訴の提起がなされる前に行ってもらう必要があります。
そのため、被害弁償に必要な金額を用意することがまずは重要となり、その後、速やかに弁護人を選任して示談交渉を行ってもらう必要があります。
また、金銭だけでなく、深く反省の上、被害者に謝罪し、更生を誓うという固い意志を示す必要があります。
例えば、酔っ払ってしまった末に器物損壊をしてしまったのであれば、飲酒を断ち切るなど、更生のための具体的な改善点を考えなければなりません。

<脅迫>

事件の特徴

生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害悪を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処するとされています(刑法222条1項)。
親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害悪を加える旨を告知して人を脅迫した者についても同様です(刑法222条2項)。
告知する害悪の内容は、他人を畏怖させるに足りる程度のものである必要がありますが、実際に告知された相手が畏怖したことまでは要件となっていません。

どのような手続きの流れが予想されるか

いきなり刑事裁判が始まるということはなく、まずは警察による捜査が行われますが、捜査方法として大きく分けて、在宅のままの捜査と、被疑者の身体を拘束した状態での捜査に分かれます。
在宅での捜査は、最初から任意同行の形で取り調べを行う場合もありますし、最初は現行犯逮捕されたものの、釈放され、その後在宅での捜査が行われるということもあります。
身体を拘束される場合の流れとしては、まず、警察による逮捕がなされます。
警察による逮捕がなされた後、48時間以内に検察官に送致されます。
検察官に送致がなされた後、引き続き被疑者の身体を拘束する場合は、24時間以内に検察官は裁判官に対して勾留請求を行います。
勾留期間は最大で20日間となります。
在宅の場合も身体が拘束される場合も、最終的な処分は、不起訴、略式起訴(罰金)、公判請求(裁判)のいずれかとなります。
公判請求となった場合は、公判手続きが引き続き始まり、実刑か執行猶予かなどについて決まることになります。

必要となる対応

事案の軽重にもよりますが、初犯の場合、被害者との間で示談が成立し、被害者による宥恕(許すこと。)を得られれば、不起訴となる可能性は高くなります。
当事務所の弁護士は、数多くの示談成立、不起訴獲得実績があります。
なお、被害者に許してもらうためには、当然のことながら示談金の用意だけではなく、真摯な反省、誠意のこもった謝罪、被害者に一生近寄らないことを固く誓約するなどの配慮が必要となります。
また、自分の置かれている環境を改善し、更生するための具体的計画を立てて実施することも重要です。

詳しい法律相談への流れはこちら