24時間法律相談受付
アクセス
大きい地図を見る

ご家族が逮捕されてしまった方へ

<大切な方が逮捕されてしまった方へ>

子どもや配偶者が逮捕されてしまったとき、家族としてはどのように対応すればよいか分からないと思います。
警察に事件の概要や罪名を確認した上で、弁護士への速やかな相談が重要です。
当事務所の弁護士は法律相談で詳しくお話を伺った上で、刑事事件の専門家としての立場から、逮捕されてしまったご家族やお知り合いの方のために出来ることをアドバイスしております。

逮捕された方のために当事務所の弁護士ができること

初めて逮捕された方の精神状況は、想像以上に不安定なものとなります。
自分の周りは捜査機関の人間ばかりで、不安が募る中、孤独な状況に耐えなければなりません。
逮捕後も勾留され、身体拘束が続く可能性がありますが、最初の逮捕段階においては、ご家族であったとしても、通常面会が認められません。
しかし、弁護士(弁護人又は弁護人となろうとする者)は、逮捕直後であっても、逮捕された方と面会することが可能です。

ご家族やご友人が弁護士に面会を頼み、逮捕直後に弁護士が面会に来てくれるだけでも、逮捕された本人としては安心感を得られるものです。
また、勾留段階になっても、ご家族や知人との面会を制限されることがありますが(「接見禁止」と言います)、この場合も弁護士は面会することができます。
さらに、ご家族や知人の方は面会の際、警察官の立ち会いがなされることになりますが、弁護士は警察官の立ち会いなしに、一対一でご本人と話し合うことができるため、本人から詳細な事情聴取が可能です。

そして、警察に逮捕され、気持ちが動揺している中では、警察に対して自分の伝えたいことを上手く伝えるのも難しくなります。
本当は犯罪をやっていないにもかかわらず、不安と警察の圧力に負け、逮捕直後に自白してしまうという危険すらあるのです。
当事務所は逮捕されてしまった方の味方となり、伝えたいことを法的に整理し、捜査機関や裁判所に伝える役割を果たします。

以上は、弁護士が刑事事件において果たす役割の一部であり、勾留された場合は引き続き弁護活動は続くことになります。
しかし、刑事事件を適切かつ迅速に解決するためには、とにかく早期の接見を行い、事情を把握して本人、弁護士、家族が一体となって適切な対応を行うことが重要です。
当事務所は、複数弁護士制・土日対応を行っており、刑事事件の最善・最速の解決へ向けた弁護活動としてスピーディな対応をモットーとしています。

詳しい法律相談への流れはこちら