24時間法律相談受付
アクセス
大きい地図を見る

自首したい

<自首のメリット>

自首とは、犯罪の発覚前又は犯人が誰であるかが判明する前に、自発的に捜査機関に対して罪を申告することです。
したがって、犯罪は発覚しており、犯人も特定されているものの、犯人の所在だけが判明していないというときに、自ら警察に出頭したとしても、自首には当たりません。
ただ、自首に当たらない場合も、自ら出頭した点を評価され、有利な情状として扱われる可能性はあります。

自首することの大きなメリットは、減刑される可能性が高くなることです。
自首したことが、執行猶予となる大きな要因となる可能性や、たとえ実刑であっても懲役が短くなる可能性があります。

また、自首によって逮捕勾留の回避できる可能性や、身体拘束期間を短くできる可能性も高まります。
すなわち、逃亡の末に逮捕された場合に比べ、自ら捜査機関に自首してきた以上、逃亡のおそれや証拠隠滅のおそれが無いとして、身体拘束が必要と判断されるリスクは低くなるのです。

自首について道民総合法律事務所へご相談を

「自ら警察に出頭したいけれども、どのように警察に話をしたらいいのか分からない。」「誰にも相談できなくて不安。」というお悩みがあると思います。
道民総合法律事務所の弁護士は、あなたのお話を伺った上で、刑事事件の専門家としてアドバイスをさせて頂きます。
悩んでいる間に逮捕されてしまうということもありますので、まずはお早めにご相談ください。
また、相談の上ご依頼頂ければ、警察への出頭に弁護士が同行することや、弁護士が警察と連絡を取ることなども可能です。
さらに、自首後も、あなたの強い味方として示談交渉等の弁護活動を適切に進めていきます。
当事務所は、自首したいという方の法律相談を受け付けております。

詳しい法律相談への流れはこちら