24時間法律相談受付
アクセス
大きい地図を見る

被害者の方と示談したい

<示談の意義>

示談とは、犯罪被害者の方と話し合いを行った上で、通常一定金額の示談金をお支払いし、民事上の清算を行うことです。
もっとも、刑事事件においては、加害者が示談の中で謝罪や誓約を行い、他方で、被害者による宥恕(加害者を許すこと。)するなど、示談は民事上の清算以上の意味を持ちます。

示談が成立すれば必ず不起訴などの寛大な処分を得られるというわけではありませんが、被害者が宥恕してくれている場合、この点を考慮し、寛大な処分となることは多いです。

示談交渉はまず、弁護人が被害者と連絡をとることから始まります。
被害者が元々知人であるなどの場合を除き、警察や検察から被害者に連絡してもらい、連絡をとることになります。
連絡をとることができた後、示談成立となった際には、弁護人が示談書を作成し、示談金の支払いと示談書の取り交わしを行います。
なお、示談金を事前に準備しておくことも必要です。

示談成立の効果

捜査段階において、速やかに示談交渉の準備を進めることは非常に重要です。
すなわち、検察官は、起訴するかどうかを決めるに当たり、様々な事情を考慮しますが、その中でも被害者との示談成立の有無(また、宥恕文言の有無)が非常に重要な考慮要素となります。

また、起訴された場合であっても、公判段階における裁判所の判決において、示談成立の有無は量刑に影響を及ぼします。
執行猶予がつくか否か、実刑の懲役期間などに違いが出てくる可能性があるのです。

したがって、被害者が存在する犯罪においては、弁護人による素早い示談交渉活動が非常に重要となるのです。
当事務所は示談交渉も含めたスピーディな弁護活動を得意としておりますので、刑事事件でお困りの方は当事務所の法律相談をご利用下さい。

詳しい法律相談への流れはこちら