24時間法律相談受付
アクセス
大きい地図を見る

刑事事件解決事例集

当事務所のこれまでの刑事事件の解決実績の一部を掲載します。なお、プライバシーの関係上、簡易な表記としています。

<性犯罪>

罪名 事案の概要 解決結果
強要等 少女を脅して衣服の一部を着けない写真を撮らせるなどした。弁護士を通じて被害者との示談成立。また、贖罪寄付を行う。 不起訴により釈放。
迷惑行為防止条例違反 電車内での痴漢行為。弁護士を通じて示談成立。 不起訴により釈放。
強要 女性を脅し、性行為を強要。弁護士を通じて示談成立。 示談成立を受けて捜査終了。
迷惑行為防止条例違反 女性の下着を盗撮。弁護士を通じて示談成立。 不起訴により釈放。
暴力的不良行為等の防止に関する条例違反等 特定の女性に数度に渡って痴漢等を行った。弁護士を通じて示談成立。 罰金。
迷惑行為防止条例 電車内での痴漢行為。弁護士を通じて示談成立。 罰金。
強制わいせつ致傷(複数) 被害者複数の強制わいせつ致傷被告事件(裁判員裁判)。性犯罪を予防する医療機関と連携し、再犯予防のための取組を具体的に裁判員に立証することで、執行猶予判決を獲得。 執行猶予。

 

<暴行、傷害、器物損壊>

罪名 事案の概要 解決結果
傷害 恋人に暴力をふるい、全治数週間の怪我をさせた。弁護士を通じて被害者に謝罪。示談成立。 不起訴により釈放。
器物損壊 友人と共同して窓ガラスを損壊。前科あり。弁護士を通じて母による今後の監督を裁判所に示し、被害弁償を誓約。 不起訴により釈放。
暴行 電車内での暴行行為。弁護士を通じて示談成立、被害届取下げ。 被害届取下げにより、捜査終了。
暴行 弁護士を通じて示談成立。 不起訴。
暴行 交際中の女性を蹴り上げた傷害罪。受任後3日で被害者と示談を取り交わした。 不起訴により釈放。

 

<窃盗>

罪名 事案の概要 解決結果
窃盗 知人の現金10万円程度を窃取。すぐに被害弁償を行う資力は無かったが、被害弁償を行うことを被告人質問において誓約。 執行猶予。
窃盗 タイヤを常習的に窃盗。同種の前科多数のため、実刑確実の事案。 実刑。
窃盗 コンビニに置き忘れたバッグを持ち去った窃盗事案。受任後3日以内に示談を成立させた。 不起訴により釈放。

 

<その他>

罪名 事案の概要 解決結果
犯罪による収益の移転防止に関する法律違反 不正に利用されることを知りながら、他人に自分の口座を提供し、これが振り込め詐欺に使われた。資力は無かったものの、被告人質問で将来の被害弁償を誓約。 執行猶予。
条例違反 客引き行為。同種罰金前科あり。 執行猶予。
自動車運転過失傷害、道路交通法違反等 無免許、無保険状態で運転し、人身事故を起こした。弁護士を通じて一部被害弁償を行う。 執行猶予。
薬事法違反 規制薬物の輸入。 執行猶予。
自動車運転過失傷害、道路交通法違反 酒気帯び運転を行い、人身事故を起こした。弁護士を通じて、任意保険による被害弁償予定であることなどを検察官に示す。 罰金。
自動車運転過失傷害、道路交通法違反等 無車検、無保険の車を運転し、ひき逃げ。前科多数のため、実刑確実の事案。 実刑。
自動車運転過失致死(札幌高裁への控訴事件) 被害者が2名の死亡事故。一審で別の国選弁護人が就任していたが、有罪実刑。二審で当事務所が控訴審を担当し、破棄差し戻し判決を獲得。 破棄差戻し。

 

<少年事件>

罪名 事案の概要 解決結果
恐喝 友人と共同して数千円を恐喝。 弁護士が申立てた準抗告が認められ、釈放。審判不開始。
窃盗 友人と共同して窃盗行為。弁護士との面会を通じて更生に向けて内省を深める。 保護観察。
傷害 友人と共同して傷害行為。これまでにも傷害やその他の非行を繰り返し、数度の保護観察を受けていた。 少年院送致。

詳しい法律相談への流れはこちら